ブランクアイコン コンバージョン seo戦略策定 分析、施策、検証

【MEO対策事例】「レンタカー」のキーワードに関する対策内容

  • 作成日(公開日):2021年4月23日
  • 最終更新日:2021年4月26日
【MEO対策事例】「レンタカー」のキーワードに関する対策内容

本記事では、「レンタカー」関連のキーワードに関するMEO対策の重要性、キーワードの選定方法、弊社の対策内容についてまとめています。これからレンタカー関連のキーワードでのMEO対策を進めていく予定の方や、具体的にどのようにMEO対策を進めればよいか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

1.店舗集客におけるMEO対策の重要性

1

MEOは、Googleのローカル検索結果において、Googleマイビジネスの順位獲得や店舗収穫の促進を行うための施策です。

ローカル検索は、「地域名」+「業種名(サービス名)」を併せた検索のことです。Google検索やGoogleマップでローカル検索をすると、検索キーワードと関連性の高い店舗情報がローカル検索結果に表示されます。

1-1.店舗を効果的にアピールできる

スマートフォンの保有率が高まりに伴い、ユーザーが外出先で行きたい店をローカル検索することが一般的になりました。とくにGoogleマップの利用率は年々高まっており、お店を探して実際に店舗に来店する顧客の多くがローカル検索を行っています。

MEO対策により、ローカル検索結果に店舗が上位表示されていれば、検索ユーザーに店舗を見つけてもらいやすくなり、店舗の情報や魅力を効果的にアピールしやすくなります。

1-2.低コストで実施できる

ローカル検索が一般化した今、Googleマイビジネスを活用したMEO対策は高い費用対効果が見込める施策として注目を集めています。

レンタカー関連のGoogle検索結果は、大手レンタカー会社やポータルサイトの多くが上位表示されています。その中で店舗を露出しようとローカル検索広告を出せば、キーワードによっては非常に高い費用が掛かります。

MEO対策は、Googleが提供する無料ツール「Googleマイビジネス」の情報を継続的に運用することで集客効果を上げる施策です。Googleマイビジネスは無料で登録できるので、継続的なコストをあまり掛けることなく効果的な店舗集客が期待できます。

1-3.ユーザー行動に繋がりやすい

特定の地域で対策する場合、競合となる店舗が少ない、または競合の少ないキーワードを選定できれば、ローカル検索結果で上位表示を狙いやすくなります。

とくに車を借りたいと明確な目的を持つ見込顧客がネット検索をするときは、「地域名」+「レンタカー」で検索することが多いです。見込顧客が「地域名」+「レンタカー」で検索したときに、ローカル検索結果に自社の店舗情報を上位表示させることができれば、レンタカーの予約や会員登録などユーザーアクションに繋がりやすくなります。

1-4.店舗情報を見込顧客に届けやすい

Google検索やGoogleマップの検索結果に上位表示されると、より多くのユーザーに店舗を見つけてもらえる可能性が高くなります。ローカル検索結果には、Googleマイビジネスに登録した店舗情報が表示されます。Googleマイビジネスに正しい情報やユーザーが知りたい情報を登録し、ローカル検索結果に上位表示されれば、Google検索やGoogleマップを通じて見込顧客に正しく有益な情報を届けられます。

2.「レンタカー」関連のキーワード選定

car-rental2

Googleマイビジネスを活用してローカル検索結果での上位表示化を狙うにあたり、最初に行うのが対策キーワードの選定です。対策キーワードをきちんと定めたうえで継続的に施策を続けていけば、レンタカー関連のキーワードで上位順位を獲得できるようになり、効果的なWeb集客につながりやすくなります。

2-1.地域名+レンタカー

特定の地域で車を借りたいと考えるユーザーは「京都 レンタカー」など、【地域名+レンタカー】と併せて検索してレンタカーショップを探します。

Googleはローカル検索結果に影響する要素の一つに「関連性」を挙げていることから、レンタカー関連のキーワードには業種名(サービス名)と地域名を併せて上位表示を狙う必要があります。

レンタカー関連のキーワードに地域名を入れたキーワードの中には、検索ボリュームが多く、大手レンタカー会社などの競合他社やポータルサイトがローカル検索結果の上位を占めている可能性があります。

大都市や主要駅が含まれるキーワードは競合が多く上位表示が難しくなるため、できるだけ比較検討される競合が少ないキーワードを選定したほうが効果は出やすいです。

対策キーワードを選定するにあたり、地域をどの範囲まで広げれば良いかはGoogleマイビジネスのインサイトの項目の一つ【ルートのリクエスト】のデータが参考になります。

<参考情報>

Googleマイビジネスのインサイトの見方と活用方法

2-2.駅名+レンタカー

Googleはローカル検索結果に影響する要素の一つに、「距離」を挙げています。

レンタカー関連のキーワードで検索するユーザーの中には、「京都駅 レンタカー」のように【駅名+レンタカー】と併せて検索する人も多いです。

駅周辺に店舗がある場合は【駅名+レンタカー】などのキーワードを選定して施策することで、最寄り駅におけるローカル検索結果で上位表示され、Web集客効果を発揮しやすくなります。

最近は、外出先や旅行先で近くのレンタカーショップを探すときに、「近くのレンタカー」「△△駅 近く レンタカー」などのキーワードで検索されることがあります。

「近くのレンタカー」のキーワードで検索するユーザーは、「近くのレンタカーショップに行きたい」「今すぐレンタカーを借りたい」と目的が明確です。 MEO対策をしっかり行いローカル検索結果に上位表示されていれば、来店意欲の高いユーザーが検索したときに必要な情報を提供でき、来店や問合せ、予約につながりやすいです。

2-3.地域名+レンタカー+関連キーワード

レンタカー関連の検索キーワードは、「草津駅 レンタカー 即日」 「那須 レンタカー 24時間」のように、関連キーワードを組み合わせて検索されることがあります。

「即日」や「24時間」のようなキーワードを併せて検索するユーザーは、「今すぐ車を借りたい」 「時間を問わず、すぐにレンタル可能なお店を知りたい」など目的意識が明確です。

店舗やサービスに、即日レンタル可や24時間営業、料金が格安、乗り捨て可能などの特徴があれば、そのようなキーワードで検索されたりすることもありますので、上位表示された場合に予約やお問い合わせにつながりやすくなります。

キーワード

3.「レンタカー」特有のMEO対策

car-rental4

「レンタカービジネス」で行うべきMEO対策を以下にまとめています。

ローカル検索結果における上位順位の獲得、予約・問い合わせ・集客効果を促進させるために、どれも重要な施策となりますので、継続的に運用することをおすすめします。

3-1.Googleマイビジネスの情報を全て入力する

今からでも出来る施策の一つが、「Googleマイビジネスの情報を全て埋める」ことです。登録できる項目は基本的にすべて記入してGoogleマイビジネスの情報を充実させ、すべての情報が表示されるようにすることが重要です。

Googleマイビジネスに登録できる情報は以下の通りです。(2021年4月現在)

  • ビジネス名
  • カテゴリ
  • ビジネス所在地
  • サービス提供地域
  • 営業時間
  • 営業時間の詳細
  • 特別営業時間
  • 電話番号
  • 略称
  • ウェブサイト
  • 予約リンク
  • 商品 (※登録したカテゴリによっては登録できない場合があります)
  • サービス (※登録したカテゴリによっては登録できない場合があります)
  • ビジネス所有者提供情報
  • ビジネス情報
  • 開業月
  • 写真

Googleマイビジネスに登録できる情報で、とくに重要なのが「NAP情報」と呼ばれるビジネス名・住所・電話番号です。NAP情報はウェブサイトの情報を正確に登録することが重要です。

NAP情報以外では、ビジネス情報の項目を充実させることが重要です。ビジネス情報の内容が充実していると特定の地域でレンタカーを探しているユーザーに店舗やサービスをアピールしやすくなり、検索キーワードとの関連性を高めることができます。

3-2.Googleマイビジネスで「商品」「サービス」を登録する

「商品」「サービス」の登録が可能な場合は、店舗で提供しているサービスや商品を登録します。

商品

レンタカービジネスでは、以下のような項目を車種別に入れる事になると思います。

  • 軽自動車(Kクラス)
  • コンパクトカー(Sクラス)
  • ワゴン
  • セダン
  • ミニバン
  • SUV
  • ワンボックス など

商品の登録には画像が必要なるので、商品やサービスの内容をイメージしやすい画像を個別に用意します。

3-3.クチコミを集めて知名度を高める

Googleは、ローカル検索結果に影響する要素の一つに「知名度」を挙げています。

Googleは、オフライン上の知名度だけでなく、高評価のクチコミの数や、SNS上のシェア数など、オンライン上の知名度も加味してビジネスがどれだけ広く知られているかを判断します。

ほかのユーザーの参考になるクチコミが多く寄せられている店舗や、良いクチコミが多い店舗はユーザーから高い評価を受けていると判断され、ローカル検索結果に上位表示されやすくなります。

クチコミを増やすにはサービスをご利用いただいたお客様に直接お願いする方法もあれば、QRコードを活用してクチコミを投稿してもらう方法もあります。

お客様に直接クチコミをお願いするときは、あまりにしつこくお願いしたり、Google のクチコミに関するポリシー違反する方法でクチコミをお願いしたりすると、逆効果となって低評価なクチコミを投稿される恐れもあります。

良いクチコミを投稿してもらえるように、丁寧な接客を心がけることが大切です。また、ユーザーから投稿されたクチコミは、良いクチコミは勿論、悪いクチコミにも真摯に向き合い、丁寧に返信を返しましょう。

<参考情報>

Googleマイビジネスの口コミへの完全対策マニュアル

クチコミ用のQRコードは、Googleマイビジネスにある【略称】の項目で取得したクチコミ用のURLをツールで変換して作成します。作成したQRコードはお店のレジ近くなど目に留まりやすい場所に貼ります。

<参考情報>

QRコードを活用してグーグルの口コミを増やす方法

ローカル検索を使いお店を探すユーザーは、最新のクチコミを参考にして来店するかどうか決めることが多いです。クチコミを集めることはローカル検索結果の順位獲得だけでなく、お店への安心感や信頼感につながりますので積極的に集めていきましょう。

3-4.投稿機能でユーザーに最新情報をアピールする

Googleマイビジネスの【投稿】機能を活用することで、店舗の最新情報やイベント情報、特典情報などを検索ユーザーにアピールできます。

投稿

最新情報の項目はテキストの他に、写真や動画、URLを入れて投稿できます。Webサイト内で定期的にブログやお知らせを更新しているなら、その内容をGoogleマイビジネスの投稿機能でも発信することをおすすめします。

レンタカービジネスでは、画像や動画付きで、新車種のご案内やお得なキャンペーン情報などを投稿で発信していく事になると思います。

4.弊社対策事例

car-rental4

弊社では、「レンタカー」関連のMEO対策に関して、いくつか実績があります。

Googleマイビジネスをしっかり管理・運用することにより、お問い合わせや予約、集客の促進が期待できます。

4-1.インサイト事例

【比較グラフ①】対策前(マイビジネス内の「インサイト」情報)

インサイト事例1

【比較グラフ②】対策後(マイビジネス内の「インサイト」情報)

インサイト事例2

4-2.ランクイン事例

<数字で見る具体的な推移>

数字

5.MEO対策ならホワイトマップへ

car-rental4

最後までお読みいただきありがとうございます。

レンタカー関連のMEO対策でお悩みの方は、ぜひ弊社MEO対策サービス「ホワイトマップ」へお気軽にご相談下さい。

専門のスタッフが、御社のMEO対策をしっかりとサポート致します。

ホワイトマップのMEO対策の詳細はこちらをご覧ください。

また、MEO対策に関連した以下のサービスも展開しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

MEO検索順位チェッカー

Googleマップに対応したランキングチェックツールです。*完全無料・会員登録不要です。

マップスター

サイト内にGoogleマップのレビューを表示するサービスです。

MEOの些細なご相談から資料請求、お見積りまでお気軽にお問い合わせください。

MEOのご相談・お見積もり