ブランクアイコン

MEO対策とは?SEOとの違いやメリットなど基礎知識をわかりやすく徹底解説

  • 作成日(公開日):2019年9月17日
  • 最終更新日:2019年9月18日
MEO対策とは?SEOとの違いやメリットなど基礎知識をわかりやすく徹底解説

MEOは、「マップエンジン最適化」を意味する言葉で、Map Engine Optimizationの略語です。マップとは主にGoogleマップを指します。 MEO対策とは、ビジネスや店舗情報をGoogleマップの検索結果に上位表示し、ユーザーに見つけてもらいやすくし、集客に繋げる施策です。 今回は、これからMEOの勉強をする方向けに、MEO全般に関する基礎知識をわかりやすく徹底解説します。

1.MEO対策とは

Googleの検索エンジンで「地域名」+「業種名(サービス名)」などのキーワードで検索すると、Googleマップとともにローカル検索結果が表示されます。

ローカル検索結果とは、2つの意味があります。

1つは、グーグル検索による検索結果の上位にGoogleマップと上位3店舗の情報を掲載するタイプ。グーグル検索でのマップが表示される部分では3つの事業所の情報が掲載されるので、「3パック」(3つの情報が入っている箇所)と呼びます。

Google検索例

2つ目は、Googleマップでキーワードを入力したときの検索結果です。
1ページ目に20位まで表示されます。

Googleマップ検索例

ローカル検索結果には、検索キーワードと関連性が高い店舗情報(店名・レビュー評価・店舗のカテゴリ・住所・評価内容・写真)が表示されるため、ユーザーが目的のお店を見つけやすくなります。

「横浜 カフェ」でグーグル検索した例

Google検索例

Googleマップ上のローカル検索結果に表示される情報は、Googleマイビジネスに登録されている情報です。

ローカル検索結果に上位表示されると、より多くのユーザーに見つけてもらえるため、ビジネス情報や店舗の魅力を見込顧客にアピールしやすくなります。

MEO対策とは、ローカル検索結果において見込顧客に認知を広める一連の取り組みの総称です。

1-1.MEO対策の基本的なやり方

MEO対策をはじめるには、Googleマイジネスの登録が必要です。

Googleマイジネスへの登録手順は、以下の通りです。

  1. Googleアカウントの登録
  2. Googleマイビジネスの登録
  3. ビジネスの確認
  4. Googleマイビジネスのオーナー確認方法を選択
  5. オーナー確認を行う

詳しいGoogleマイジネスの登録方法については、
Googleマイビジネスの登録方法と削除方法を確認しようをご覧ください。

Googleマイビジネス

MEO対策は以下の方法を用いて行います。

  • Googleマイビジネスの情報を最適化する
  • サイテーションの増加を意識する
  • 正確なNAP(名前・住所・電話番号)を記載する
  • 適度に更新して最新情報を記載する
  • 写真や動画などのコンテンツを充実させる
  • 口コミやレビューを集める
  • Googleマイビジネスのガイドラインを守る

2.MEOとSEOの違い

MEO・・・
マップエンジン最適化を意味する言葉でMap Engine Optimizationの略語。
ローカル検索結果で、特定の店舗情報を上位に表示するための取り組みです。

SEO・・・
検索エンジン最適化を意味する言葉でSearch Engine Optimizationの略語。
グーグル検索での検索結果で、自然検索結果に特定のWEBサイトを上位に表示するための取り組みです。

マップ検索は全てMEOですが、グーグル検索の場合は、エリアで異なります。

以下の画像で例を示します。
「横浜 カフェ」で検索した場合、
上の枠内がMEO、下の枠内(自然検索エリア)の上位がSEOの対象です。
前述した3パックと呼ばれるエリアです。

Google検索

上記のように「地域名」+「業種名(サービス名)」で検索すると、

MEOの対象エリアであるローカル検索結果には、検索キーワードに対して地域情報に紐付いた店舗情報の上位3位が表示します。Googleマップでは、20位です。
ローカル検索結果に表示される情報は、Googleマイビジネスに登録されている情報であるため、MEO対策ではGoogleマイビジネスを活用します。

SEOの対象エリアであるグーグル検索エンジンの検索結果には、検索キーワードに対して関連性のある検索結果が表示されます。
SEO対策は、検索結果の1ページ目の上位に表示することでWEBサイトの露出を増やし、WEBサイトの運営目的や目標を達成するため1つの取り組みです。
手法としては、外部リンクやコンテンツなどが重要視されています。

SEO対策とは?無料で学ぼう!上位表示の方法

このように表出箇所と施策方法がMEOとSEOの大きな違いになります。

3.MEOのメリット

MEOの具体的なメリットを紹介します。

3-1.来店数の増加

特定の場所で行きたいお店を探しているユーザーは目的がはっきりしているため、「横浜 カフェ」のような地域名+業種のキーワードで検索をします。

このようなキーワードで検索されたときに、ローカル検索結果に店舗情報が上位表示されていれば、目的意識の高いユーザーに店舗を見つけてもらいやすくなります。
ユーザーがスマホを使って検索をしている場合は、ローカル検索結果に表示された地図を使って実店舗への来店数が増加する可能性があります。

飲食店や小売店などの店舗ビジネスでは、認知や来店数の増加に繋がります。

3-2.WEBサイトがなくても利用できる

リスティング広告やSEOなどのWEB集客は、WEBサイトを持っていることが前提となる施策です。
MEOの場合は、WEBサイトがなくても利用できます。

MEOでは、Googleが無料提供しているGoogleマイビジネスを利用します。
Googleマイビジネスを活用することで、ローカル検索結果に店舗名や電話番号、レビュー評価、店舗のカテゴリ、写真などの情報を表示できるため、WEBサイトがなくても施策できます。

3-3.問い合わせ電話の増加

MEOに取り組んだことでローカル検索結果に上位表示されると、通常の検索結果よりも店舗情報を目立たせることができます。

ローカル検索結果の3パックと呼ばれるエリアには、検索結果の上位3位までが表示されます。MEOによって3パックに店舗情報が表示された場合、目的意識の高い顧客にお店を見つけてもらえる可能性が高くなり、問い合わせ電話の増加が期待できます。

3-4.詳細なビジネス情報の提供ができる

MEO対策を進めるには、Googleマイビジネスへの店舗情報の登録が必要です。
Googleマイビジネスに情報を記載するときは、できるだけ詳細な情報を入力し、情報に変更が合った場合は最新の情報を正確に記載して更新します。

Googleマイビジネスに詳細な情報を登録すると、マイビジネスを閲覧するユーザーに対して詳細なビジネス情報を提供できます。

有益な情報を提供することで実店舗への集客や売上アップが期待できます。

4.MEOのデメリット

MEOの具体的なデメリットを紹介します。

4-1.スキルアップがほとんど通用しない

MEOはSEOと違い、Googleマイビジネスに正確な店舗情報を記載する、写真を増やす、口コミに返信するなど、短時間で行えるシンプルな施策です。

施策が限られて要素が少ないため、ウェブライティングやWeb制作技術を上げるなどのスキルアップによる差別化がほとんどできません。

4-2.対策キーワードが限られる

地域名+業種(サービス名)のキーワードに対して関連性の高い店舗情報が表示されるMEOは、対策キーワードが限られます。

MEO対策では、検索されやすいキーワードを選定した上でGoogleマイビジネスに正しい店舗情報を記載しますが、過剰なキーワードの詰め込みはガイドラインに違反する可能性があるため注意が必要です。

また、MEO対策では、ダイレクトに業種に関連したキーワードでないと対策しようがありません。他業種・多品目を扱う店舗では、全ての業種や品目に対応するのが難しいため、何かに特化した製品などでアピールする必要が生じる場合もあります。

例えば、時計や宝石、洋服まで扱う店舗は、「時計 渋谷」などの検索キーワードで上位表示するにはキーワードをきちんと設定しなければなりません。

4-3.実店舗がないビジネスでは恩恵が受けられない

Googleマップに表示される店舗情報は実店舗です。
飲食店や小売店など特定の地域で「来店」によって収益を上げる店舗ビジネスにおいて、MEO対策は非常に有効です。一方、ポータルサイトなど店舗ビジネスではない場合はMEO対策による恩恵が受けられません。

5.MEO対策やマイビジネス利用のリスク

MEO対策やGoogleマイビジネス利用のリスクについて紹介します。

5-1.過剰なキーワードの詰め込みがスパム扱いされる可能性がある

Googleマイビジネスのビジネス名への過剰なキーワードの詰め込みがスパム扱いされる可能性があります。

Googleマイビジネスのガイドラインでは、ビジネス名に含めてはならない情報と、含められる情報について以下のように明記しています。

以下の例の「不可」に示すような名称はすべて許可されません。
 
名前に含めてはならない情報  

マーケティング タグライン
・ 不可: 「グーグル銀行-日本一便利」、「グーグル薬品気合いだ!
・ 可能: 「グーグル銀行」、「グーグル薬品」

・店舗コード
・不可: 「UPS ストア – 2872」
・可能: 「UPS ストア」

・商標または登録商標のマーク
・不可: 「バーガーキング®」
・可能: 「バーガーキング」

・すべて大文字の表記(頭字語を除く)と不必要なスペース
・不可: 「S U B W A Y」
・可能: 「Subway」、「KFC」、「GU」、「IKEA」

・営業時間情報(営業中または準備中など)
・不可: 「ベストピザ 24 時間営業」、「グーグル アウトレット(準備中)」
・可能: 「ベストピザ」、「グーグル アウトレット」

・電話番号、ウェブサイトの URL(実際のお店やサービスで継続的に使用し、認知されている場合を除く)
・不可: 「エアポート ダイレクト 0120-123-1111」、「webuyanycar.com」
・可能: 「エアポート ダイレクト」、「1-800-Got-Junk」

・特殊文字(%&$@/”など)または無関係の法的用語(実際の店名またはサービス名の一部である場合を除く)
・不可: 「Shell Pay@Pump」、「Re/Max, LLC」、「LAZ Parking Ltd」
・可能: 「Shell」、「Re/Max」、「LAZ Parking」、「Toys”R”Us」、「H&M」、「T.J.Maxx」

・取り扱っているサービスまたは商品の情報(実際の店名またはサービス名の一部、もしくは事業内の部門(「部門」参照)を特定するのに必要な情報である場合を除く)。サービス情報はカテゴリで表すのが最も効果的です(「カテゴリ」参照)。
・不可: 「Verizon Wireless 4G LTE」、「Midas 高級オートサービス」
・可能: 「Verizon Wireless」、「Midas」、「Best Buy モバイル」、「Advance Auto Parts」、「JCPenney 写真スタジオ」

・地域市区町村番地名などの所在地情報(実際のビジネスで継続的に使用し、認知されている場合を除く)。名前に所在地や道順を含めることはできません。
・不可: 「グーグルホテル(中央高速八王子インターすぐ)」、「グーグル銀行 ATM – 銀座 7 丁目、地下駐車場あり」、「神田駅前そば」
・ 可能: 「グーグルホテル八王子」、「グーグル銀行 ATM」、「かんだやぶそば」、「カリフォルニア大学バークレー校」

出店先情報 お店やサービスが別の事業体の中にあることを示す情報(上部事業体と同じ組織か否かは問わない)
・不可: 「グーグル銀行 ATM(エキュート東京)」、「アップルストア グーグル ショッピング センター」、「グーズバー – 銀座三越」、「グーオート タイヤ部門(グーオート)」「グー買取センター(グーグルデンキ内)」
・可能: 「グーグル銀行 ATM」、「アップルストア」、「グーズバー」、「グーオート タイヤ部門」、「グー買取センター」

複数の場所で事業を展開しているチェーンとブランド部門開業者(医師、弁護士、不動産仲介士など)には、下記のとおり個別のガイドラインがあります。

名前 | Google の使命 – Google マイビジネス ヘルプ

ビジネス名や詳細部分には常に正しい情報を記載し、変更があった場合はビジネス情報を最新の状態に更新しましょう。

5-2.Google情報を第三者に改変されることがある

Googleマイビジネスに登録されている店舗情報は、第三者によって改変されることがあります。
オーナー権限を持たない第三者は、Googleマイビジネスにある「情報の修正を提案」という項目からGoogleに情報の修正を提案できます。審査の結果、提案された情報が正しいとGoogleが判断すると、オーナーの意思に関わらずGoogleマイビジネスの店舗情報が改変されます。

改変後の内容が正しい場合は問題ありませんが、内容が間違っている場合は検索ユーザーに誤った情報が伝わる恐れがあります。
誤った情報はユーザーの混乱を招くだけでなく、店舗評価や集客に影響する可能性があります。

Googleマイビジネス利用によるリスクを回避するには、
「第三者によって店舗情報が改変された事実を見逃さないように、定期的に監視する」
「間違った情報が掲載されている場合は、店舗情報を正しく編集する」
ことが重要です。

6.順位に影響する要素

ローカル検索結果の掲載順位に影響する要素として、Googleは以下3つの項目をあげています。

ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み
ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

6-1.関連性

関連性とは、ユーザーの検索キーワードとGoogleマイビジネスに登録されたビジネス情報との関連度を指します。

検索キーワードと関連性の高いビジネス情報を掲載しているお店ほど、ローカル検索結果に上位表示される傾向にあります。
MEO対策では、ユーザーが検索しそうなキーワードに対し関連性を高めるには、店舗情報やビジネス情報を正確に登録することが重要です。

例えば、ユーザーが「トリミングサロン さいたま市」と検索した場合、
店舗名のみの「トリミングサロン○○」より、
地域名を加えた「トリミングサロン○○|さいたま市」
というビジネス名を登録した方が、検索キーワードとの関連性を高めることができます。

関連性
関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

6-2.距離

Googleは、ユーザーが「地域名+業種(サービス名)」などのキーワードで検索した場合、検索キーワードに含まれる地域名の場所から、検索結果の店舗所在地までの距離がローカル検索の掲載順位に影響するとしています。

ユーザーが地域名を含まずに検索した場合は、ユーザーの現在地情報に基づき距離が計算し、検索をかけた場所からより近い距離にある店舗を検索結果の上位に表示する傾向があります。

距離
距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

6-3.知名度

Googleは、店舗の知名度をローカル検索結果の掲載順位に加味します。
ローカル検索では、オフラインの知名度だけでなく、高評価の口コミ数やSNS上のシェア数、話題を集めた回数など、オンラインの知名度も加味し判断されています。

知名度
知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。
Google では、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

7.MEO関連のGoogleヘルプページの紹介

MEO関連のGoogleヘルプページを紹介します。

7-1.各種ヘルプページ

マップ ヘルプ

Googleマップの使い方の基本や、便利な使い方などを紹介するページです
Googleマップは、パソコン・スマートフォン・タブレットで使えるツールです。
キーワード検索をして店舗情報を入手できる他、自宅や職場を設定して目的地までの経路を検索してナビを開始するなど、さまざまな便利機能を利用できます。

Googleマップヘルプ  使い方
Google マップの使い方 – マップ ヘルプ

Google マイビジネス ヘルプ

Googleマイビジネスの概要・利用方法・導入ガイドなどを紹介するページです。

Googleマイビジネスに登録すると、グーグル検索やGoogleマップなどの検索結果に表示される店舗情報やビジネス情報を管理できます。

Googleマイビジネスの登録には、オーナー確認を行う必要があります。

Google マイビジネス ヘルプ
Google マイビジネス ヘルプ

ローカルガイド ヘルプ

ローカルガイドの概要やポリシーなどを紹介するページです。

ローカルガイドでは、Googleマップに口コミを投稿したり、写真を共有したり、質問へ回答をしたりするコミュニティです。

Googleアカウントに登録し、ローカルガイドのページから参加登録をします。現在地を選択し、プログラム利用規約を同意するとローカルガイドに参加できます。

ローカルガイド ヘルプ

マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー ヘルプ

Googleマップに投稿されたコンテンツや口コミに関するポリシーを紹介するページです。

ポリシーに違反する場合は、不適切なコンテンツとして削除される、アカウントが停止・削除される可能性があります。

マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー ヘルプ
マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー ヘルプ

7-2.ローカル検索広告について

ローカル検索広告は、Googleマップやグーグル検索で地域名を含むキーワードで検索したときにローカル検索の上部に表示されるGoogle広告(Google AdWords)です。

ローカル検索広告を利用すると、ユーザーがグーグル検索やGoogleマップで近隣のお店を検索した際に、ローカル検索広告部分に店舗情報を表示することができます。

ローカル検索広告について - Google 広告 ヘルプ
ローカル検索広告について – Google 広告 ヘルプ

ローカル検索結果にローカル検索広告を表示させる方法は以下の通りです。

  1. Googleマイビジネスに店舗情報を登録する
  2. GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携する
  3. Google 広告の広告表示オプションにて[住所表示オプション]を有効にする
  4. Google マイビジネスのリスティングを設定する
  5. 特定の地域をターゲットに設定する
  6. 地域別に入札単価を設定する
  7. キーワードを最適化する

Google マップでローカル検索広告を表示する – 従来版 – Google 広告 ヘルプ


MEO対策は、ビジネスや店舗情報をGoogleマップの検索結果に上位表示してユーザーに見つけてもらいやすくし、集客に繋げる施策です。

飲食店や小売店など、実店舗を持つビジネスに有効なMEO対策を、SEO対策と並行して行う企業も増え、今後さらに重要性が高まっていくと予想されます。

以上、MEO全般に関する基礎知識についての解説でした。

MEOの些細なご相談から資料請求、お見積りまでお気軽にお問い合わせください。

MEOのご相談・お見積もり