ブランクアイコン コンバージョン seo戦略策定 分析、施策、検証

【MEO対策事例】税理士向けのMEO対策内容|弊社実績

  • 作成日(公開日):2021年5月20日
【MEO対策事例】税理士向けのMEO対策内容|弊社実績

本記事では、税理士事務所の集客にMEO対策をおすすめする理由やMEO対策の具体的な施策内容について詳しく紹介します。Web集客でお悩みの税理士の方の参考になれば幸いです。

1.集客にお悩みの税理士さんにおすすめの「MEO対策」とは?

tax-accountant1

税理士事務所を運営していくにあたり、Web上からの集客に頭を悩ませていませんか。特に事務所を設立したばかりであれば、早く顧客を増やして経営を安定させたいと考える方も多いのではないでしょうか。

そのような方におすすめの集客手法が「MEO対策」です。

1-1.MEO対策とは?

MEO対策とは、ローカル検索結果で上位表示させ集客につなげるための取り組みです。

ローカル検索とは 特定の地域名と業種名(サービス名)などのキーワードを併せた検索のことです。

MEO対策はGoogleが無料で提供しているGoogleマイビジネスを使います。ローカル検索結果には、Googleマイビジネスに登録されているビジネス情報が表示されます。

それでは実際に、税理士の方がMEO対策を行うとどのようなメリットがあるのかをご説明します。

2.税理士事務所がMEO対策を行う5つのメリット

tax-accountant2

税理士事務所がMEO対策を行うメリットには、以下5点が挙げられます。

  • ユーザーに認知されやすくなる
  • 専門性を明確にアピールできる
  • お客様との信頼関係を構築しやすい
  • 競合が少なく上位を狙いやすい
  • 低コストで始められる

2-1.ユーザーに認知されやすくなる

設立したばかりの税理士事務所はユーザーに事務所の存在を知ってもらい、興味を持ってもらうことが重要です。

MEO対策を行いローカル検索結果にビジネス情報が上位表示されていれば、検索ユーザーの目に留まりやすくなり事務所の存在を認知してもらうきっかけとなります。

2-2.専門性を明確にアピールできる

税理士を探すユーザーはさまざまな悩みや問題を抱えているため、【地域名+税理士+サービス名】のような専門性の高いキーワードを入力して検索することが多いです。

専門性の高いキーワードで検索されたときに事務所のビジネスが上位表示されていれば、税理士事務所としての専門性を見込顧客にアピールでき、「この事務所は○○のサービスに強い!ここなら任せられそう!」と思ってもらいやすくなります。

2-3.お客様との信頼関係を構築しやすい

MEO対策はお客様との信頼関係を構築する上でも必要な取り組みです。

Googleマイビジネスには、事務所名や住所、電話番号、サービス情報などはもちろん、事務所の近況報告や税務に関するアドバイスなどを定期的に発信できる機能もあります。

またGoogleマイビジネスには既存のお客様からのクチコミやレビューも表示されます。クチコミやレビューの内容を参考に事務所の信頼を獲得できれば、新規顧客の獲得につながりやすくなります。

2-4.競合が少なく上位表示を狙いやすい

MEO対策という存在は知っていても、実際にMEO対策をしている事務所はそれほど多くありません。

競合がMEO対策を本格的に始める前に、今のうちからMEO対策をしっかり行えば短期間でローカル検索結果にビジネス情報を上位表示させられる可能性があります。

2-5.低コストで対策を始められる

MEO対策を始めるには、Googleマイビジネスへの登録が必要です。

GoogleマイビジネスはGoogleが提供しているツールで、誰でも無料で使えます。MEO対策は無料のツールを使うので、Web広告のように高額な費用をかけなくても低コストで対策を始められるのがメリットです。

また税理士事務所がMEO対策でターゲットとするのは「特定の地域で税理士を探している」、「今すぐに税理士に相談したい」など目的が明確なユーザーです。

MEO対策を行い目的な明確なユーザーにビジネスを効率よくアピールできれば相談件数や依頼件数の増加につながりやすく、低コストでありながら高い効果が期待できます。

さて、ここまでは税理士事務所がMEO対策を行うメリットを5つ紹介してきました。

それでは次に、実際にMEO対策を始める上で押さえておきたい「税理士特有のMEO対策としてやるべきこと」を具体的に紹介していきます。

3.税理士特有のMEO対策としてやるべきこと

tax-accountant3

税理士特有のMEO対策としてやるべき施策内容は以下の5つです。

  • 目的意識の高いユーザーを意識したキーワード選定
  • ビジネス情報や投稿で専門性をアピール
  • ユーザーの悩みや問題を解決に導くような投稿の発信
  • クチコミへの返信で税理士としての信頼を高める
  • Webサイト上の情報を充実させる

3-1.目的意識の高いユーザーを意識したキーワード選定

【税理士+地域名】のようなキーワードで検索をするユーザーは、特定の地域で依頼できる税理士を探している、あるいは税理士に依頼したいことがある目的意識の高いユーザーである可能性が高いです。

MEO対策では、そのような目的意識の高いユーザーを意識したキーワードを選定した上で施策を進めていくことが重要です。

以下は、弊社で実際に施策した税理士事務所が対策しているキーワードの一部例です。

キーワード

【税理士+地域名】で組み合わせたキーワードだけでなく、財務や経理、会社設立や開業など、税理士として得意としている専門分野を対策キーワードに含めましょう。

税理士事務所が駅に近い場所に位置する場合は、【税理士+○○駅】のように駅名を入れた対策キーワードを選定するのもおすすめです。駅名を入れて検索するユーザーは地域名で探しているユーザーよりも、さらに範囲を絞って検索をしている見込顧客である可能性が高いためです。

対策キーワードの選定に悩んだり、地域をどの範囲まで広げたら良いかで迷ったりしたときは、以下のGoogleマイビジネスのインサイト情報を参考に選定してみてください。

ビジネス プロフィールの表示につながった検索

インサイトキーワード

インサイト情報の一番上に表示される[新しいプロフィールのパフォーマンスを確認する]をクリックして表示される画面にあります。

ビジネス情報がローカル検索結果に表示されたときに、ユーザーがどのようなキーワードを入力して検索していたかが分かります。

[ルートのリクエスト]

ルート

ユーザーが事務所の住所までのルートを検索した地域が分かります。

3-2.ビジネス情報を充実させて専門性をアピール

対策キーワードを選定できたら、Googleマイビジネスのビジネス情報を充実させましょう。

Googleマイビジネスを新規で登録する場合も、すでにGoogleマイビジネスが登録されている場合も、まずはNAP(事務所名・住所・電話番号)を正しい情報にしましょう。

Webサイトに登録されている住所や電話番号と、Googleマイビジネスに登録されている情報が異なるケースが多々ありますのでよく確認してください。

NAP情報を登録したら、他の項目もできるだけ全て埋めましょう。税理士のMEO対策で集客力を高めるには、検索ユーザーにいかに税理士としての専門性をアピールできるかが重要なポイントです。

[ビジネス情報]

対策キーワードを意識したテキストを入れます。あまり難しい言葉を使わずに、誰がみても読みやすく分かりやすい内容にするのがポイントです。

[商品][サービス]

商品

サービスの特徴や税理士としての強みなど入れて専門性をアピールしていきましょう。

[商品]の項目にはテキスト以外に画像やリンクを追加できます。[商品]の項目がきっかけとなり、検索ユーザーがWebサイトや問い合わせのページへ遷移する可能性もあるので必ず追加しましょう。

3-3.ユーザーの悩みや問題を解決に導くような提案を発信

特定の地域で税理士を探している人、税務や相続のような具体的なサービス内容で税理士を探している人は、悩みや何かしらの問題を抱えている可能性が高いです。

MEO対策では、Googleマイビジネスには[投稿]機能を使って、そのような悩みや問題を解決に導くような提案を定期的に発信しましょう。

ユーザーのためになる投稿を発信することで、「この税理士事務所は信頼できそうだから一度相談してみよう」と思ってもらいやすくなります。

[投稿]

投稿

最新情報やユーザーの役に立つ情報などを写真やリンク付きで投稿できる機能です。

税務に関する内容は専門的な内容や用語が多いですが、投稿をするときは誰が読んでもわかりやすい文章を心がけることが大切です。

文章が長すぎると最後まで読み切ることなくユーザーが離脱してしまう恐れがあります。[投稿]にはユーザーが興味を引く文章を入れて、さらに詳しく説明したいときはWebサイトに詳細を掲載しましょう。リンクを追加して投稿すれば、内容に興味を持ったユーザーをWebサイトへスムーズに誘導できます。

3-4.クチコミへの返信で税理士としての信頼を高める

税理士のWeb集客では、いかにお客様との信頼関係を構築できるかが重要です。

Googleマイビジネスには[クチコミ]機能があります。[クチコミ]の管理は、税理士としての信頼度や集客へ大きく影響する施策の一つです。なぜなら、Googleマイビジネスに訪れたユーザーは相談や依頼前に、第三者によるクチコミや評価をチェックして信頼できる税理士だと判断する傾向にあるからです。

[クチコミ]

Googleマイビジネスの[クチコミ]機能に、ユーザーからのクチコミや評価が投稿されたら必ず返信をしましょう。

[クチコミ]機能には、高評価のクチコミもあれば、低評価のクチコミを投稿される可能性があります。どちらの場合でも、できるだけ丁寧に返信することを心掛けることで、顧客の意見に対して誠実に対応する税理士というイメージを持ってもらいやすくなります。

<参考情報>
Googleマイビジネスの口コミへの完全対策マニュアル

3-5.Webサイト上の情報を充実させる

Googleマイビジネスの情報を充実させると同時に、Webサイト上の情報を充実させることもMEO対策の大切な取り組みです。

Googleはローカル検索結果の掲載順位に影響する要素の一つに「関連性」を挙げています。

特定の地域で税理士を探しているユーザーが入力した検索キーワードに対し、関連性の高い情報を掲載しているWebサイトはローカル検索結果に上位表示される可能性があります。

Googleマイビジネスの[インサイト]機能では、ビジネス情報がローカル検索結果に表示されたときにどういったキーワードで検索されたかを確認できます。

想定外のキーワードで検索されていた場合はそのキーワードが見込みのあるキーワードかどうかを検討し、見込みがあれば対策キーワードの見直しを行います。対策キーワードを選定し直したら、Googleマイビジネスの情報を最適化して内容の充実を図りましょう。

4.税理士関連のキーワードの弊社MEO対策実績

tax-accountant4

MEO参考例として、弊社でMEO対策を行った税理士関連のキーワードのインサイト例を紹介します。

4-1.税理士関連キーワードのインサイト事例

下記のグラフは、税理士関連のキーワードでMEO対策を行った結果の一つです。アクション数(ユーザーの反応数)とユーザーの行動の推移を追っています。

インサイト事例

MEO対策の始めてから1ヶ月後には、徐々にアクション数が増えてきました。対策開始から5ヶ月後にはアクション数の合計が4倍にまで増加しています。

ユーザーの行動では特に「ウェブサイトへのアクセス」が大きく増加しています。

4-2.数字で見る施策前後のインサイト推移

下記のグラフは、施策前と施策後のアクション数(ユーザーの反応数)の推移を対策キーワードごとに数字で表示したものです。

数字で見る施策前後のインサイト推移

HPページへのアクセス・来店数・電話予約は、どの対策キーワードも施策前と施策後でははっきりと回数が増加しています。

MEO対策を行うことによってローカル検索経由の集客につながる導線ができると、集客数や問い合わせ数の集客増加につながりやすくなります。

5.税理士のMEO対策でお困りならホワイトマップへ

tax-accountant5

最後までお読みいただきありがとうございます。

税理士のMEO対策でお悩みの方は、ぜひ弊社MEO対策サービス「ホワイトマップ」へお気軽にご相談ください。

MEO対策の専門スタッフが、御社のMEO対策をしっかりとサポート致します。

ホワイトマップのMEO対策の詳細や業界ごとのインサイト例はこちらをご覧ください。

弊社では、MEO対策に関連した以下のサービスも展開しております。併せてご覧ください。

MEO検索順位チェッカー

Googleマップに対応したランキングチェックツールです。*完全無料・会員登録不要です。

マップスター

サイト内にGoogleマップのレビューを表示するサービスです。

MEOの些細なご相談から資料請求、お見積りまでお気軽にお問い合わせください。

MEOのご相談・お見積もり