ブランクアイコン コンバージョン seo戦略策定 分析、施策、検証

【MEO対策事例】「ヨガ」のキーワードに関する対策内容と実績

  • 作成日(公開日):2021年2月5日
  • 最終更新日:2021年2月18日
【MEO対策事例】「ヨガ」のキーワードに関する対策内容と実績

本記事では、「ヨガ」関連のキーワードに関する弊社の対策内容と実績についてまとめました。これからヨガ関連のキーワードでのMEO対策を進めていく予定の方や、どのようにMEO対策を進めればよいか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

1.ヨガ MEO対策の重要性

yoga1

MEO対策はGoogleマップ上の検索結果(ローカル検索結果)において、Googleマイビジネスの順位獲得を行うための施策です。現在、多くのユーザーがスマートフォンを利用してネット検索をしていることから、MEO対策の必要性が年々高まっています。

ヨガ関連のビジネスにおいて、MEO対策をすべき理由を以下で紹介します。

1-1.目立つ場所に店舗情報を表示できる

MEO対策の施策対象エリアはローカル検索結果と呼ばれる場所です。

Google検索で「地域名」+「業種名(サービス名)」で検索すると、3パックと呼ばれるMEO枠に上位3位のGoogleマイジネスに登録した店舗情報が表示されます。

マップ枠

上の画像のように、MEO枠は自然検索枠よりも上に表示されやすいです。

地図上に店舗情報が載る事で「地域名+ヨガ」のようなキーワードで検索しているユーザーに見つけてもらいやすくなります。
最寄り駅に近いヨガスタジオを探している方も多いので駅に近い場所でヨガスタジオを運営している場合は特に効果が出やすいです。

1-2.ホームぺージがなくても施策可能

リスティング広告を掲載してWeb集客を図る方法は、ホームぺージを持っていることが前提です。

一方MEO対策は、Googleが無料で提供しているGoogleマイビジネスを利用しますので、ホームぺージを持っていなくても施策できます。

Googleマイビジネスには店舗名や住所、電話番号、営業時間、ヨガ関連のサービス・商品、ビジネス情報など、店舗情報を細かく登録できます。

Googleマイビジネスに詳細な情報を登録すると、ユーザーに正確な店舗情報をタイムリーで発信できます。常に最新の情報を提供している店舗は、ローカル検索結果に表示されたときに来店の機会損失を減らすことが可能ですし、ユーザーからの信頼度が高まります。

個人でヨガの教室を開いたばかりでホームぺージを持っていない方や、ホームページを作る予算が無い方などは積極的に活用しましょう。

1-3.費用対効果が高い

MEO対策は、従来のWeb広告やヨガ関連のポータルサイトに比べて費用対効果の高いWeb集客手段として注目されています。

Googleの検索結果における露出を上げようとすれば、Web広告を掲載するために大きなコストがかかります。同じくヨガ関連のポータルサイト内の検索結果において店舗情報を上位表示させようとすれば、広告掲載など大きなコストがかかります。

競合の多いエリアでヨガスタジオを運営している場合は、大きなコストをかけている割に効果が実感できなければ集客コストだけかさみ費用対効果が悪化してしまいます。

対してMEO対策は、Webサイトを持っていなくても始められる施策ですし、Googleマイビジネスの利用は無料ですので継続的なコストが発生することもありません。良いレビューが集まれば口コミを見て問い合わせをしてくれるユーザーも獲得できます。

1-4.短期間で効果を実感しやすい

ヨガ関連のビジネスを運営している店舗の中には、施策を始めてから早いときで数日、1~2週間ほどでローカル検索結果への上位表示を達成するケースもあります。MEO対策は従来のWeb集客に比べて競合性がまだ少なく、短期間で効果が現れやすくなっています。

Googleマイビジネスに登録をしても、本格的に運用している店舗はまだまだ少ないように思います。

ヨガ関連の競合他社が本腰を入れる前にMEO対策をしっかり行えば、長い時間をかけずに順位向上が期待できますし、目的が明確なユーザーに対して自社サービスを効果的にアピールしやすくなります。

1-5.競合との差別化につながる

自然検索枠やポータルサイトでは1ページあたり10件程度が表示されるため、上位10位以内にランクインした場合でも比較検討される競合が多くなります。

一方MEO対策で上位表示を狙うGoogle検索結果のMEO枠(3パック)には上位3位までが表示されますので、比較検討される競合が少なく、ユーザーに選ばれる可能性が高くなります。

1-6.ユーザーの行動を促しやすい

Google検索やGoogleマップで「渋谷 ヨガ」のように「地域名+業種名(サービス名)」というキーワードで検索をするユーザーは、「ヨガを習いたい」、「ヨガスタジオの体験レッスンを受けてみたい」、「ヨガスタジオに予約を入れたい」など、目的意識の高いユーザーが多いです。

ローカル検索結果に表示されるビジネス情報は、[電話]や[経路案内]、[オンラインで予約]のようなボタンがあるので、お店に予約を入れる、経路案内を使ってヨガスタジオに来店するなどユーザー行動につなげやすく、来店数や問い合わせ数の増加が期待できます。

 

MEO対策では、ローカル検索結果における順位を獲得することは勿論、最新情報や写真の投稿、投稿された口コミへの返信、フィードバック、サイテーションの拡充など、きちんとした運用、管理が必要です。

次項では、MEO対策の具体的な対策内容についてまとめています。

2.「ヨガ」関連のキーワード選定

yoga2

MEO対策を行う上で最初に行うのが対策キーワードの選定です。

「ヨガ」関連のキーワードの場合、

【ヨガ+地域名】、【地域名+ヨガスタジオ】のように業種名(サービス名)と地域名を併せて対策することが多いです。

ヨガスタジオが駅の近くにある店舗さんの場合は、

「渋谷駅 ヨガ」、「新宿駅 ヨガスタジオ」、「渋谷駅 近い ヨガ」と検索されることもあります。

最近は「近くのヨガ」、「○○駅 近くのヨガ」のように、今いる現在地や目的の地域や駅から近い施設を探す【近くの検索】と呼ばれる検索方法が急増しています。

  • 地域名+業種名(サービス名)
  • 駅名+業種名(サービス名)
  • 近くの+業種名(サービス名)

のように、検索キーワードになりそうなキーワードを併せて、適切なキーワード選定をしていく必要があります。

【ルートのリクエスト】

地域名については、Googleマイビジネスのインサイトの項目の一つ【ルートのリクエスト】を見ると、

どのエリアまで範囲を広げれば良いか検討する際の参考になります。

【ビジネスの検索に使用された検索語句(検索クエリ)】

ヨガ関連の検索キーワードは、【ヨガ+地域名】と検索されることもあれば、【ヨガスタジオ+地域名】、【ヨガ教室+地域名】のようなキーワードで検索されることもあります。

提供するサービスによっては、【ホットヨガ+地域名】、【ホットヨガスタジオ+地域名】で検索されることもあります。

自社のビジネス情報を見つけるために使用されたキーワード(検索クエリ)も、Googleマイビジネスのインサイトの項目の一つ【ビジネスの検索に使用された検索語句(検索クエリ)】で確認できます。

<参考情報>

Googleマイビジネスのインサイトの見方と活用方法

 

とある店舗で対策しているキーワード例をご紹介します。

キーワード

3.「ヨガ」特有のMEO対策

yoga3

「ヨガ」の分野で行うべき対策は主に以下の6つです。

ローカル検索結果における順位の獲得、問い合わせ・来店・予約の促進などに、どれも重要な対策になります。まだ実施されていない場合はすぐにでも取り組まれることをおすすめします。

3-1.Googleマイビジネスの情報を充実させる

Googleマイジネスの情報を充実させることは、ヨガスタジオを探しているユーザーに正確な情報を提供するためにも重要です。住所や電話番号以外にも、予約URLや略称、サービス、商品、開業月など埋められる項目は出来るだけすべて記入しましょう。

営業時間はWebサイト内の情報と統一し、営業日時が変更になる場合や定休日を設ける場合はGoogleマイビジネスの営業時間を変更しましょう。通常の営業時間とは異なる日がある場合は、【特別営業時間】の項目で特別営業時間や特別定休日を追加します。

営業時間

【ビジネス情報】の項目は、ビジネスの説明を出来るだけ多く入力します。店舗の紹介文を分かりやすく入力して、サービスの魅力や強みをユーザーに積極的にアピールしていきましょう。

3-2.マイビジネスの「商品」「サービス」欄にレッスンメニューを掲載

Googleマイビジネス情報の「商品」、「サービス」に店舗で取り扱うレッスンメニューを掲載しましょう。

商品

ヨガでは以下のような項目を入れる事になると思います。

・ヨガレッスン

・ホットヨガレッスン

・岩盤ヨガレッスン

・プライベートヨガレッスン

・リラックスヨガレッスン

・ヨガ体験レッスン

・オンラインヨガレッスン など

「商品」の項目は、写真を登録できます。レッスン内容をイメージできるように、レッスンごと個別に写真を用意して掲載します。

3-3. ヨガに関する定期的な投稿と写真掲載

Googleマイビジネスの「投稿」機能を使ってヨガ関連の最新情報やイベント、特典などの情報をユーザーに定期的に発信します。

Webサイト内のお知らせページやブログで、最新情報やスタジオの様子などを更新されている店舗さんも多いと思います。Webサイトを更新したらGoogleマイビジネスでもその内容とページURLを入れて投稿しましょう。

最新情報などを継続的に発信していると、求めていた情報が目に留まったユーザーからの問い合わせや来店につながりやすくなりますし、有益な情報を発信している店舗としてユーザーからの信頼度が向上します。

Googleマイビジネスは「写真」や「動画」、「ストリートビュー画像」も掲載できます。

クオリティの高い写真や動画を投稿することで、テキストだけでは伝わりにくいヨガスタジオ内の雰囲気などがユーザーに伝わりやすくなります。スタジオ内の雰囲気や働いているスタッフの紹介などの写真を掲載すると、ユーザーに安心感や信頼感を与えることができます。

また、ヨガレッスンの様子などを動画で撮影して投稿することで、ユーザーがレッスン内容をイメージしやすくなり「このヨガスタジオでレッスンを受けてみたい!」と体験レッスンの予約や来店の促進が期待できます。

3-4.口コミを多く集める

ローカル検索結果で見つけた店舗に行くかどうか決める判断材料として、「口コミ」を参考にするユーザーが多くいます。

Googleマイビジネスに投稿された口コミは一般公開され、すべてのユーザーが閲覧できます。口コミを集めることは順位向上だけでなく、店舗への安心感や信頼感につながりますので積極的に集めましょう。

 

口コミはユーザーが店舗を利用するかどうか最終的な判断をするときに参考にする重要な要素のひとつです。口コミが投稿されたときは、投稿に対する感謝やサービスをご利用頂いたことへの感謝の気持ちを込めて丁寧に返信をしましょう。

Googleマイビジネスには、高評価の口コミに限らず、低評価の口コミも投稿されます。低評価の口コミをそのままにすると店舗のイメージダウンにつながり集客に影響がでる恐れがあるので、早めの対策が必要です。

高評価・低評価に関わらず、口コミは店舗にとって有益なフィードバックとなります。口コミの内容がネガティブだったとしても、改善できる所は真摯に受け止め丁寧に返信することを心掛けましょう。謝罪の気持ちと今後の改善策を含めて丁寧に返信することでマイナスなイメージを払拭し、店舗の信頼回復につなげていきましょう。

<参考情報>

【画像付き】Googleマップに悪い口コミを投稿された時の削除・対処方法

Googleマイビジネスの口コミへの完全対策マニュアル

3-5.サイテーションの拡充

ヨガ関連のキーワードでのMEO対策を進めていく場合は、サイテーションの拡充を意識しましょう。

Web上で「名前」「住所」「電話番号」など店舗情報が掲載されると、MEO対策に効果があると言われています。ヨガ関連のポータルサイトを活用し、サイテーションの獲得するのも一つです。

ヨガ関連は無料で登録できるポータルサイトがたくさんあります。ポータルサイトに登録する際は、Googleマイビジネスに登録しているNAP情報(名前・住所・電話番号)を正確に記載しましょう。

<参考情報>

サイテーションとは?WEB上の「引用・言及」とMEOの関係性

3-6.「Googleで予約」の導入

Googleで予約1

ヨガ特有のMEO対策の一つが、「Googleで予約(Reserve with Google)」の導入です。

「Googleで予約」はGoogleが提供するオンライン予約機能です。

予約システムを提供する外部のプロバイダと連携しているので、ユーザーはWebサイトや予約サイトに遷移することなく、Google上で直接予約をすることができます。

Googleで予約2

「Googleで予約」を導入すると、下の画像のように【オンラインで予約】ボタンが表示されます。

オンライン予約

Googleで予約

4.弊社対策事例

yoga4

弊社では、「ヨガ」のMEO対策に関して、いくつか実績があります。

下記のグラフは、その具体的な対策結果の一つです。

マイビジネスでしっかりと対策を行うことにより、集客の促進をすることが可能となってきます。

4-1.インサイト事例

【比較グラフ①】対策前(マイビジネス内の「インサイト」情報)

インサイト事例1

【比較グラフ②】対策半年後(マイビジネス内の「インサイト」情報)

インサイト事例2

4-2.ランクイン事例

<数字で見る具体的な推移>

数字

ヨガ 神戸

【ヨガ】ランクイン事例1

5.MEO対策ならホワイトマップへ

yoga5

最後までお読みいただきありがとうございます。

MEO対策でお悩みの方はぜひ弊社MEO対策サービス「ホワイトマップ」へお気軽にご相談いただければと思います。

専門のスタッフが、御社のMEO対策をしっかりとサポート致します。

ホワイトマップのMEO対策の詳細はこちらをご覧ください。

また、MEO対策に関連した以下のサービスも展開しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

MEO検索順位チェッカー

Googleマップに対応したランキングチェックツールです。*完全無料・会員登録不要です。

マップスター

サイト内にGoogleマップのレビューを表示するサービスです。

MEOの些細なご相談から資料請求、お見積りまでお気軽にお問い合わせください。

MEOのご相談・お見積もり